5年以上も長期保存できる理由

食品の賞味期限に影響を与える要因

酸化や変質など食品の劣化を防ぐための技術

  • 技術①
    4層アルミパウチ袋包装で
    安全・安心
    経年劣化に耐え、遮光性があり、酸素をまったく透過しない袋を使用し、成型焼き上げたパンを充填。(パンの酸化防止と形態保持のため)
  • 技術②
    脱酸素剤が酸化を防止
    4層アルミパウチ袋に成型焼き上げたパンと脱酸素剤を入れて袋内の空気を一端排出し、密閉する事で、脱酸素剤が酸素を取り除きます。
  • 技術③
    高温による完全滅菌
    包装後、高温にすることで滅菌することと、包装内の酸素をすべて脱酸素剤で吸収し、長期保存が可能な状態となります。

賞味期限5年以上を実現するための根拠の確立
「Noe Bread(ノエ・ブレッド)」

  • ● 無菌の実証(微生物学的根拠)
  • ● 経年変化による劣化確認(理科学的根拠)
  • ● 官能検査評価(客観的根拠)

「アレニウスの式」に基づいた検査試験と確認検査の実施

  • アレニウスの式
    01 アレニウスの式
    「アレニウスの式」は、化学反応速度の温度依存性を予測する法則です。
    スウェーデンの科学者『アレニウス』が提唱した物質の反応速度は、10℃上がる毎に 2倍になるという理論。
    20℃を日本の基本温度とし、30℃で 2 倍、40℃で 4 倍、50℃で 8倍の加速度で進行する。
    虐待(加熱加速度)試験
    02 虐待(加熱加速度)試験
    保存食品の賞味期限を設定するために、日本缶詰協会が設定する賞味期限策定根拠の一つであり、「アレニウスの式」に基づいた虐待(加熱加速度)試験を実施。
    確認検査
    03 確認検査
    「アレニウスの式」に基づいて虐待(加熱加速度)試験をしたパン・おにぎりの賞味期限を確認するために、公的検査機関で検査を実施。
    虐待(加熱加速度)試験
    04 虐待(加熱加速度)試験
    ●保温温度:パン/ 38℃で保管(当社所定保管場所にて)
    おにぎり/ 40℃で保管(当社所定保管場所にて)
    ●保管期間:パン/ 2009年6月1日~2010年10月31日
    おにぎり/ 2016年2月1日~現在も継続保管中
    ●製造商品をその都度数本継続的に保管・保存

公的検査機関による賞味期限検査の結果
「Noe Bread(ノエ・ブレッド)」

  • ● 無菌実証
    食品衛生法規格基準において『容器包装詰加圧殺菌食品』は、成分規格として「発育し得る微生物が陰性」である事が求められています。
    通常、容器の密封性が保たれていれば無菌状態は半永久的に維持されます。具体的には、食品を35℃で14 日間保存試験をした後、無菌試験を実施し、「無菌」である事を確認した。
  • ● pH 値
    酸化、過酸化物価同様、製造直後とそれ以後において数値が大きく変化するという事は、それだけ食品の中で何らかの化学変化を起こしている証拠であり、把握しておいた方が良いと考えます。結果は、製造直後の「pH5.9」に対し、38℃×518 日間保存後の「pH5.7」と殆ど変化は無し。
  • ● 経年変化劣化確認
    食品の劣化は、温度・湿度・光・酸素等の影響を受けて進行します。
    ① 酸価(AV): 油化の加水分解により生じる値
    ② 過酸化物価(POV):食品に含まれる油脂が空気中の酸素により酸化された場合に評される値
    ①②いずれも油脂の酸化度や変質の程度を判定するものであり、酸化は遊離脂肪酸の量を、過酸化物価は過酸化物の量を表す値である。
    酸化が上昇した食品は、油臭くなるなど食味に異常が現れる場合がある。38℃×518 日間保存後のパンは「酸価2.9」「過酸化物価5.6」と低い値であり、酸化による油臭くなるなどの食味変化は数値的にも発現していない。
  • ● 官能検査評価
    食品の賞味期限を設定するにあたって、細やかな色調や風味の変化について数値化する事は非常に難しく、検査会社としては食品として可食か否かの判定となる。官能検査結果は、左記の通り自主検査結果を表にしてまとめる。
    異常なし
    異常なし
    風味 異常なし
    食感 異常なし
    外観 異常なし
PAGE TOP